リフォームに感じる『家』の本質 第1回



大工の夫は、50歳代以上の方のお家のリフォームをよくやっています。
現在の私の仕事では リフォームは少ないのですが、夫から色々な話を聞くのがとても興味深いです。
リフォームは、「現在の暮らしにおける不満・心配事」を解決するためのものなので、新築以上に、家の本質を感じることが多いです。


これまでとは違う目線になる

ご年配の方の多くは、お子様が家を巣立っていかれて部屋があまったり、ご主人が定年退職され 家にいる時間が増えたりという生活環境の変化があり、これまで何十年と暮らしてこられた家に対する 考え方や生活の仕方が変わられます。

また、これからもっと歳をとった時のことも強く考えられるようになります。
現実的に、若い時は気にならなかった些細な段差につまづくことが増えたり、これまでは なんでもなかった動線に不便さを感じることも増えます。


現在 一般的な新築の家は、リビング・ダイニング・キッチンが一部屋になっている家がほとんどですが(LDK)、この世代の方がお住まいのお家では、キッチンが別になっている間取りも多く、料理を配膳するにも距離があったり、また お風呂や脱衣室が狭い…などの問題点を抱えておられることが多いです。

これから迎える老後に向けて、そういうことを解消して暮らしやすくなるように リフォームを考え始める方が沢山いらっしゃいます。

だけど、本当に お金をかけて 大がかりな「リフォーム」をしないといけないのでしょうか?


自分で出来る工夫もあるはず!

こういう方のお家にお伺いすると、大体の方が とにかく荷物が多いです。

何十年も家族で住んでこられたのですから、当たり前・仕方がないことですね。
だけど、荷物を整理すれば 改善できる不便さが きっとあります!


リフォームを依頼するきっかけ・理由として
「部屋が狭くて 住みづらいので収納を増やして部屋を広くしたい」
「台所が狭くて使いづらいので新しいキッチンにしたい」
…と いうようなケースはよくあります。

そんな時、夫は 必ず「まず 片づけをしましょう!」とお話しするそうです。
私は その話を夫から始めて聞いた時、感動しました(笑)

(「ごみの処理や、重いものを動かすことは手伝います!」とも言ってあげるそうです。近頃はゴミを捨てるのも分別とか、お年寄りだけでは難しいですからね…)


家中を片づけるのは とても体力がいることなので、すごく面倒ですよね。
だから「そういうのはちょっと…」とおっしゃるお客さんもいらっしゃるそうです。
だけど、夫はめげずに 片付けを推します(笑)


なぜかというと、例えば「台所が狭くて使いづらい」なんかは、片づけて物を減らせば ある程度解消できることだからです。
私に言わせれば(←何様!?・笑)、『絶対に不要なものは沢山あります!!』。

それを捨てれば、引き出し数個分、棚何枚か分 スペースがつくれます。
今 置場がなくて 台所にゴチャゴチャっと置いている「必要なもの」を その空いたスペースに入れれば、使いやすい台所になるかもしれません。


「部屋が狭くて住みづらい」のも、同じです。
たとえば、腰高のタンスを部屋に置いておけば それだけでも お年寄りが「ヨイショ」と手すり代わりに体をあずけたりする場所になるんです。
だけど、物が多くて、タンスの上にも物が色々とのっていると、危なくてそんな使い方は出来ませんよね。
「部屋を狭くしているもの」を撤去すれば、今と同じ広さの空間でも ちゃんと安全で動きやすい動線が確保できるかもしれません。


収納場所を作れば解消する?

また、リフォームをしようと考えられる方の多くが、「今は収納が少ないから不便。リフォームで収納や棚を作ってもらったら荷物が納まるから住みやすくなる」かのように考えておられます。
もちろん、収納をどう計画するかは大切なことですし、一昔前の家は、今の時代より「収納」が少ないのも事実だと思います。

でも、大体の場合…その荷物量のままでは解決しない!ことが多いと思います。


一時 流行った劇的ビフォーアフターというリフォーム番組でも、大量にあった荷物は アフター画像にはほとんど出てきませんよね。
収納をつくることで解消できたことも もちろんあると思いますが、多くは捨てている・または撮影時には荷物は搬入せず「見た目がいいように」スタッフさんが用意したインテリアで撮影されていると思います。

このように、リフォームをしたとしても、荷物の整理は必ず どこかで必要になります。




あともう少し 書きたいことがあるのですが、思いのほか 記事が長くなってしまったので、次回 また別の記事にしたいと思います。
最後まで読んでくださってありがとうございました。
記事はまだ続くので、良かったらまた遊びにきてください。


関連記事

スポンサードリンク

Theme: 住まい - Genre: ライフ
Tag:

Comment

  • 2015/10/05 (Mon) 17:13
    隊長 #a2H6GHBU - URL

    歳をとると求める環境が変わってくるから、高齢化社会だとリフォーム依頼とかも多くなるんでしょうね。

  • 2015/10/05 (Mon) 20:35
    いそまる #- - URL
    Re: タイトルなし

    隊長さん♪
    そうですね、たしかにリフォームは増えるかもしれないですね…。
    あ、でも今は核家族化なので高齢者向けの住宅需要がすさまじいので、自宅をさわろうとしない人も多くなりそうです。

  • 2015/10/06 (Tue) 13:19
    間取作造 #Yeq.B2X2 - URL
    No title

    おっしゃる通りです。
    ビフォーアフターの番組で、工事にかかる前の片付いた部屋を見て「これだけで十分良くなったんじゃない?片付いてなかったからひどかったけど」と思うことがありました。
    断捨離の重要性を感じます。
    良い記事をありがとうございます。

  • 2015/10/06 (Tue) 18:55
    いそまる #- - URL
    Re: No title

    間取作蔵さん
    こちらこそコメントありがとうございます!
    そうそう…「荷物がなくなっただけで全然違うはずだから工事ちょっと待って!」って感じる時ありますよね(^^;)
    「荷物にあふれた家」みたいなフレーズがつく家なら、一番すべきことは まずそこですよね…。
    自分だけではなかなか手に負えないというのはよくわかるんですが、必要のないことにお金を使うのは勿体ないと思います。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する