リフォームに感じる『家』の本質 第3回



書きたいことが多く(というか、うまくまとめられず…!?^^;)第3回まで作ってしまいました。
今回は、第1回・第2回の まとめのような「思い」です。


 前回までのまとめ 


住みづらいと感じた原因を自分で見つめ、自分でできる対処を考える…それが、「暮らす」ことの本質だと思います。
暮らすことは人生そのもの…自分の暮らしをどうしていきたいかは、自分で考えることだから。

そして、自分では考えきれない部分・対処できない悩みを聞いて、専門知識を持って提案し、フォローしていくことがプロの仕事だと思います。
(プロは、施主様が気付いていない問題点や原因に気付くことも仕事ですが)

出発点はあくまで「住んでいる人が何を抱えているのか・何を望んでいるのか」なので、自分自身がその問題点を正確にピックアップしてから、プロに頼めると一番スムーズです。


もちろん新築も同じです。
家を考えることは人生を考えることです。
だからこそ 家とは、本来は自分たちで考えていくものであるはずです。



   「終活」    

また 最近よく聞くようになった「終活」という言葉…。
悲しいことですが、誰にでも必ず訪れる人生のおわりに向けて、お墓やお葬式の段取りや、自分の荷物の整理をしておくことを指すそうです。

(私はまだ30代なので、「終活」と聞くと、自分のことより「自分の親」のことを思い、寂しい思いがします…)

荷物の整理といっても、もっと高齢になってからでは、本当に体への負担が重くなり難しいと思います。
50歳代~60歳代の方がリフォームを考えられたとしたら、それは自分の荷物を自分で整理するには適した時期といえるのではないかと思います。
同時に、「これからどういう風に暮らしていくのか」を見つめるきっかけでもあります。

もちろん ご本人だけが考えるのではなく、できれば「子どもたち」(私のような世代)も一緒に片づけをしたり、親の老後をどういう形でサポートしていこうかと一緒に考えるきっかけでもあると思います。


家は、自分の人生の拠点です。
家を考えることは、自分の人生を思い描くことです。

直接的に家を建てたりリフォーム工事をするのはプロである業者さんですが、何よりお客さん自身が「自分がしっかり考えている」ことは必要不可欠です。

特にリフォームでは、自分でできる工夫を考えて、無駄なお金は使わず、家族で協力し合って改善できることが1つでも多くあり、明るく暮らしやすい日々をおくれると一番いいと思います。




 実際に こんなことがありました 

実際 夫が経験したケースでは、こんなことがありました。
「キッチンを新しくしたい!」とずっとずっとおっしゃっていたご年配の奥様がいらっしゃいました。
夫は「片付けましょう!1回しっかり片づけてみましょう!」とずっと声をかけ、お手伝いをしました(ごみの回収など)。
そうして、キッチンが少しずつすっきりしていき、同時に、徐々に奥様の心に変化があり、キッチンのリフォーム話は いったん取りやめになりました。

その代わりにリフォーム工事をすることになったのは、家族が集まる居間でした。
古くなった天井や床をやり替えたり、窓に内窓を入れて断熱効果を高めたりという工事を実施しました。

お正月やお盆などに息子さんご夫婦や孫たちが大勢集まったときや、ご近所のお友達が来た時に「気持ちのよい部屋でみんなと過ごしたい」という気持ちが最優先されました。

もしかしたら今後、キッチンのリフォームのお話が再度出てくるのかもしれませんが、暮らしを見つめる時間をとったことで、お気持ちに変化が現れたのは事実だと思います。
そして実際に、家族やお友達とその居間で楽しく過ごされているようなので、そういうお話を夫から聞いていると、工事に携わっていなくて関係ない私までなんとなく嬉しい気持ちになります(^^*)




  最後に  

今回の記事は、第3回まで勝手に連載して(笑)長くなってしまいました。
「家」に対する想いがあり、この記事を書き始めましたが、いざ文章にするうまくできず、何日もかけて書きました。

記事の中で「暮らしや人生を自分が見つめないといけない」というようなことを何度か書きましたが、想いを文章にすることも、「どこを人に伝えたいのか」「何を一番自分が強く思っているのか」と、自分の考えを見つめることが必要なんだなあと実感しました。

きっと文章としてはまだまだ稚拙で、言いたいことを結局うまく書けていないんだろうな~(^^;)と思いますが、自分の想いを深く見つめたことで、自分の考えも、前よりもクリアになったような気がします。


長々した記事でしたが、最後まで読んでくださって ありがとうございました。


関連記事

スポンサードリンク

Theme: 住まい - Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する