前回の間取りのイメージパース

前回 掲載した「42坪 南向き」の家。
南向き42坪の家


そのパースを描いてみました。

ちなみに、パースは下手です。
上手には描けていませんので、あたたかい心で見てください…。






外観
image.jpg

屋根は一例です。
この屋根の場合、リビングの吹き抜けは、2階まで吹き抜けではなく、大きくグイーっと降りて来てる屋根勾配を利用した高い天井となるはず。

屋根がどんな形でも比較的 計画しやすいように間取りを考えたので、この他にも、いろんなバリエーションの屋根がかけられますよ~。



自転車を置く広い玄関はこんな感じかな?
entimage - コピー




最近、パースをちゃんと練習しようと思っています。
絵はもともと好きな方で、パースっぽいものはなんとな~く描けるほうだったので、学生時代 建築の先生に、「せっかくチョット描けるなら、手描きパースを本格的に練習しておくといいよ」とアドバイスされました。


でも…練習しなかったんだよなあ…(笑)


設計事務所に勤めていると、専用ソフトで簡単にパースが作れましたが、こうして事務所を辞めてしまうと、つくづく「手で描く」ということの強さを感じます。
今は下手だけど、できるだけ積極的にパースを描いて、練習していこうと思っています。


なので、自分を奮い立たせるためにあえてブログに載せてみました(笑)
(素人さんから見たら「それなりに描けてるんじゃない?」と思っていただけるかもしれませんが、やっぱり、ちゃんとしたものを描ける方に比べたら、何もかもマダマダ・マダマダ…∞で、おかしいところだらけだと思います・汗)


でも、こうやって見ると、下手でも、ないよりはあった方がイメージがわきやすいかもしれませんね。
私たちは、図面を見たらなんとなく全体像を思い浮かべますが、お客さん側の方は専門家ではないので、間取り図だけ見てもそんなにうまくイメージわかないことの方が多いと思うので。


パース練習、まじで頑張ります。
たくさん描いていればきっと上手になっていく…はず…。
(でも基本的なことは勉強しないとなあ…^^;)
関連記事

スポンサードリンク

Theme: 住まい - Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する