「ありがとう」という言葉


先日、ちょっとイライラしてしまうことがありました。


その日、配達される予定だった荷物が、夜になっても全然届かなかったんです。

時間帯指定をしていない荷物なので仕方ないのかもしれませんが…。
(というか、時間帯指定ができないサイトで注文した荷物だったんですけど)


でも、荷物が何時に届くかわからないからこそ1日出かけないようにしていたし、届いた荷物を使いたい用事もあったので、「なんで夜まで届かないの!?」とちょっとイライラしてしまいました。


しかし、その日は12月はじめ。
恐らく、お歳暮の配達が始まり、宅配業者さんもかなりお忙しいのだろうと予測できます。


仕方なく待っていると、夜の9時近くでようやく宅配業者さんが来てくれました。
夫が受け取りに出てくれたのですが、業者さんはドアを開けるなり「遅くなってすみません!」と何度もおっしゃいました。
(リビングにいる私にも声が聞こえていた)

夫も「いえいえ。ありがとうございます。この時期 大変なんでしょう?遅くまでお疲れ様です。」と答えていました。


その声を聞いていて、あーこういう時こそ、「ありがとう」って言わないといけないなって反省しました。
「ありがとう」と感謝を伝えて、相手をねぎらうって、なんて素敵なんだろうと思いました。
もし自分が言われたら、間違いなく嬉しい。

「12月だから忙しいんだろうけど、いくらなんでも遅くない?」みたいに思ってイライラしていたけど、そんなことばかりを口にするんじゃなくて、「遅くまでありがとう」という言葉に変えることができたら、自分のイライラも少しはおさえられる気がしました。


普段は、飛び込みのセールスさんとかが来ても、できるだけそういう優しい言葉でお断りするようにはしてるんですけど、自分がちょっとイライラしちゃうと、宅配業者さんへの「ありがとう」をすっかり忘れてしまっていました。



そして後日…
そんなことがあって、イライラしてた自分を反省していたある日。
家に帰ってきた途端に、うちに訪問してきたセールスの方と家の前でばったり鉢合わせしました。

その時、冷凍食品をまとめ買いしてきたので、早く冷凍庫に入れたくてあせっていたので(笑)、その旨お伝えして「今は話を聞けない」とお断りしました。

そしたら、そのセールスの方が「いつもお忙しい時も丁寧に対応して下さってありがとうございます」と言って帰って行かれました。

びっくり。
そういえば、先日もこのセールスさんがいらっしゃったんですが、電話中だったか何かでインターホンごしにお断りしたことがあったんです。


結局は話を聞くことをお断りしているのに、このセールスさんは私の対応を覚えていてくれたようです。
ちょっと感動してしまいました。


セールス相手に優しくする必要もないのかもしれないし、セールスの場合「はっきりきつめに対応した方が付け込まれない」とかもあるのかもしれませんが、やっぱり、人に優しく対応することは大事だなあ…と思いました。



先日の宅配業者さんの件もしかり、「ありがとう」という言葉は、言うのも言われるのも気持ちが良い言葉だなと思いました。




追伸…
でも、次あのセールスさんが来たら、取り繕って「今いそがしいので~」とかの言葉でその場を逃げるんじゃなくて、「うちはもう結構です」とちゃんと伝えようと思います(^^;)
ちゃんと伝えないと相手にも悪いですよね(^^;)


関連記事

スポンサードリンク

Theme: ひとりごと - Genre: ライフ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する