玄関ポーチについて

ブログのネタがすっかり思いつかなくなってきた今日この頃…
ついに、先月5月は一度もブログを更新しませんでした。

ブログをはじめて3年経つのかな?モチベーションを保ち更新し続けるというのはなかなか難しいです。
設計事務所を辞めたことも ネタが思いつかなくなってきた一因かも。



ネタがないので、家の一部分についてじっくり考えてみようかなと思いました。
今日は玄関ポーチについて です。


玄関ポーチというと、玄関扉を開ける前に立つ屋根のある外部空間ですね。
柱が立っているのか、壁で囲われているのか、屋根だけがあるのか、あえて考えてみれば意外にいろんなパターンがあります。

左)屋根があるオーソドックスなポーチ
右)2階の方が1階より前に出ているので、2階をポーチの屋根として利用しているカタチ。
ポーチ
右は屋根がないのでちょっとスタイリッシュな感じになるかな。



あと、ポーチの中やすぐ傍にポストやインターホンをつける場合もありますね。
ポストを家に埋め込んで、家の中で郵便物を受け取れるようにしたりするのも便利ですね。


ポーチは広い方が ゆったりしたおおらかな印象を受けるので好きです。
特に「これ」という用途のないポーチを広くとることに「もったいない」と思われる方もいらっしゃいますが。


うちの家はポーチがそこそこ広いので、宅配ボックス的な用途で使ってもらうための棚を置いたりしています。自転車も停められるので、結構使い勝手もいいです。
逆に私の実家はポーチが狭いです。
娘の立場で暮らしていたのでそんなに不便は感じませんでしたが、結婚して自分が主婦として暮し始めると、ポーチが広いと便利だなと思うことが増えました。
買い物の荷物が多い日には荷物をポーチに1回置いたりもできるし、雨の日に夫と2人で帰ってきた時に 2人とも濡れる心配せずゆっくり玄関の鍵を開けられるとか、ささいなことですが、「ポーチの広さって、思ってたより役立つなあ」と思いながら家を出入りすることが多いです。


「広さ」というより、重要なのは「奥行」かもしれませんね。
横幅も広いに越したことはないけど、屋根がある部分の奥行が深い方が便利ですよね。
雨もかからないし。
ポーチ 奥行


予算や土地の広さにも関わってくるので、なんでもかんでも広くすることはできませんが、玄関同様 ご近所さんやお友達などお客さんを迎える場所でもありますし、外から見える場所ですので、「家の印象を左右する場所」と言えるかもしれませんね。
ネット検索で「玄関ポーチ」と画像検索すると、いろんなポーチが出てきておもしろいですよ。

ちなみに私が妙に好きなのは、こういうタイプのポーチ。ポーチ2
カントリー調みたいなデザインの家に多いかな。
ポーチとテラスを一緒にしたようなこういう形が、昔からすごく好きなんです。
関連記事

スポンサードリンク

Comment

  • 2017/06/02 (Fri) 17:26
    KOBA #- - URL
    こんにちは

    いそまるさんが好きっていう感じのポーチの絵を見たら『リベンジ』という海外ドラマで主人公の家のポーチが頭に浮かびました。ベンチも置いてある広々ポーチで、ドラマでもポーチは重要な場所でした。
    日本も昔の家はポーチが広いけど、最近は小さいとこ多いと思います。
    私も広いポーチ好きです。でもそういうポーチは頭に無かったから興味出て来ました!

  • 2017/06/03 (Sat) 09:42
    いそまる #- - URL
    Re: こんにちは

    KOBAさん!こんにちは!
    リベンジというドラマは知らないのですが、私もうすうす「妙にこのポーチが好きなのはきっと海外ドラマの影響だ…」と思っておりました(笑)
    ただ、なんのドラマか定かじゃないのですが、小さい頃からNHKでやっていた海外ドラマをいつも見ていたので、その辺で培われた「好き」なんだと思います。なんか…妙に、とても、すっごく「好き」なんで、自分でも変な感じなんです(笑)
    ベンチおいたり…いいですよね…何をするわけでもないんだけど……憧れます…(ノ´∀`*)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する