【メルカリ】らくらくメルカリ便を初めて使った感想

以前にもチラっと書いたことがあるのですが、スマホでできるフリマアプリ【メルカリ】。
利用頻度は少ないですが、継続的になんやかんやと利用しています。

以前の記事:メルカリ使ってみました。こんなものまで売ってもいいのか!

さて、先日  出品者として「らくらくメルカリ便」を初めて利用しましたので、簡単に日記的レポートを書いておこうと思います。
使ってみたいけど難しそう…と思っておられる方は 読んでみてください。


らくらくメルカリ便とは?
らくらくメルカリ便は、簡単にいうと、メルカリとヤマト運輸さんが提携したサービス。
物を売りたい出品者のため、より簡単に「物を送りやすく」してくれたサービスです。

何と言っても、一番すごいのが、匿名配送が可能なこと。
物を売った自分の名前・住所も、それを買ってくれたどなかたの住所・名前も、お互い公表しないまま荷物を送ることができるんです。すごいですよね。


今回 私が売った商品は、定形外郵便でも送れるような小さな物でした。
でも、この匿名配送を使ってみたかったので、少し送料が高くなりそうでしたが、らくらくメルカリ便で発送することにしました。

匿名配送にするためには、商品をメルカリに出品する時点で、『発送の方法』という欄で『らくらくメルカリ便』を選択しておかないといけません。
商品を出品時はいったん「配送方法:未定」などにして、どなたかが購入して下さった後で「らくらくメルカリ便」に変更することは可能です。
でも、その場合は匿名配送にならないんです。
匿名で物を送りたいと思う場合は、出品時する時点で「らくらくメルカリ便」を選択!です。


実際 使ってきました♪
使ってみるまでは 相当 不安でしたが、結論から言うと、簡単にできました♪♪
簡単に書いておきます。


1、ヤマト運輸さんのお店を検索して、お店に荷物を持っていく。
自分の家の近くのヤマト運輸さんを調べる機能も、メルカリアプリに入っていました。便利。
お店に持っていく時点では、商品をプチプチで包んだりした上で封筒に入れて、ガムテープで封をしておきました。
封筒には、宛先や自分の住所などは一切記入しません。匿名配送ですから。


2、ヤマトさんの窓口の方に、「ネコポス」でいけるか確認してもらいました。
らくらくメルカリ便と一言で言っても、送る物の大きさや重さによって3種類に分かれます。
一番小さいネコポス、中型的ポジションの宅急便コンパクト、そして中型以上や大きな物を送る 通常の宅急便。
もちろん、この3種類のどれに該当するかで送料は変わってきます。
※ちなみに宅急便コンパクトの場合は、専用ボックスに入れて送らないといけないそうです。


あらかじめネコポスの大きさや重さについて調べた限り、私が送る品物は一番小さいネコポスで行けそうでした。
でも、ちょっと厚みがギリギリかな…って感じで不安だったんです。

もしヤマトさんに聞いてみて、「厚みサイズが少しオーバーしてるので、ネコポスでは駄目」と言われたら、宅急便コンパクトに変更するか、送料がネコポスに比べてあまりにも高くなりすぎるなら匿名配送は諦めて郵便局に移動して定形外郵便で送ろうかな…と、もんもんと考えていましたが、今回は「ネコポスで大丈夫です」と判断してもらえました♪


3、窓口においてあるタブレット『ネコピット』で、匿名配送の操作します。
『ネコピットなる端末で配送の手配をする』…とメルカリアプリ内に書いてあったんですけど、「操作できるかな…そもそも ネコピットって何…?どこのヤマトさんにでも本当にあるのかな…?」とか、ここも不安いっぱいだったんですが、こちらも簡単でした♪

「ネコポスでOK」と窓口のお姉さんに言ってもらった後、横を見ると、カウンター上にタブレットが置いてありました。
これこそが「ネコピット」という代物だそうです。

私が住む地域は結構な田舎なので、うちの地域にネコピットがあるということは、どこのヤマト営業所さんにも置いてあるものなんでしょうね。限られた営業所にしか置いてないんじゃないだろうかと怪しんでいたので、ここは一安心です。

「これ使わせてもらいます」と一応 お姉さんに声をかけると、お姉さんの方から「メルカリか何かですか?」と言って、ネコピットを操作して下さいました。
その間に 私はメルカリアプリを起動させ、匿名配送するための入力をしました。
商品のサイズ欄(だったかな?)に「ネコポス」と設定し、「バーコードを作成」的なところを押したらバーコードがスマホ画面に表示されます。

それを、ネコピットのカメラに読み込ませればOK。
この辺は、ヤマトのお姉さんが詳しくて、「この辺にスマホ画面のバーコードをかざして下さいね~」とか教えてくれました。


4、後はヤマトのお姉さん任せ
バーコードを読み込ませたら、連動しているプリンタで配達のための伝票が印刷されます。
印刷機は、お姉さんがいるカウンターのすぐ傍にあったので、後はお姉さんが慣れた手つきで処理して下さいました。

最後に、荷物の配達をお願いした証明になる控えをもらって完了です。
(配送料は、メルカリの売上から勝手に天引きされるので、営業所で支払う必要はありません。)
これで、メルカリで販売して商品を匿名で送る手配ができました♪
(あとは、メルカリアプリで「荷物を発送した」というボタンを押して本当に完了)



すっごく便利!
初めて らくらくメルカリ便を使ってみて感動しました。
匿名配送だから、「知らない人に住所を知られるのがな~」という漠然とした不安はないし、これで送ると、配送中とか配達済みとかの状況もアプリ上で管理されるんです。
しかも、万が一 配達中に破損や紛失があれば補償してくれるとか…。

送料だけ見れば、他の方法で配送した方が安上がりなケースもあると思いますが、それ以上の安心感や価値があるなと思います。おすすめの配送方法です。

冒頭に書いた通り、使ってみるまでは不安でしたが、さすがはメジャーな存在のメルカリ。
すでに ヤマトさん側が しっかりやり方などを把握しておられるので安心でした。
荷物のサイズなど、分からないことはお店に持ち込んで教えてもらうといいと思います。



メルカリは本当に手軽に、「自分にとっては不要だけど…誰か欲しい人いるかな?」という物を販売することができるので、便利です。
ただ、私が面倒だな~と感じるのは梱包ですね…。
送る商品を、プチプチで包んだりするのが…なんていうか、毎回 「この梱包でいいのかな…。途中で壊れないかな…」と不安だったりします。この辺は、慣れるしかないでしょうね。




関連記事

スポンサードリンク

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する